人口知能を使ったAIトレーニング機器でジム開業

ニュース

人口知能 AIトレーニング機器を活用したジムを開業しよう!開業資金3000万円から始められる!

AIトレーニング機器を活用した新規ジム開業 ターゲット層とポイント

①フィットネスジム未経験な人々(成人国民の90%をターゲット)がターゲット
②フィットネスジムを2ヶ月〜半年で辞めた人々がターゲット

【過去5年間でジムを辞めた理由】

・マシン機器の使い方がわからない
・どのマシンを何回やればいいかわからない
・効果が出てるのかわからない
・トレーナーに聞いても忘れてしまう
・トレーニングを教えてくれない
・トレーニング時間がどれくらい掛かるか分からない
・気軽にできない

以上の退会理由を解消しくれるのがAIトレーニング機器なのです!

③会費単価をコンパクトジム業界の中でも高単価の1万円以上の単価で集客可能
④専門的な知識を持つトレーナーの必要はありません
⑤基本無人でも運用可能(初期設定の際にスタッフ対応必須)
⑥施設面積は30坪(100㎡)から開業が可能
⑦通常の24時間ジムと比べ圧倒的な月次コスト削減を実現
⑧開業までの総費用は3000万からAIフィットネスジムを開業できます

AIトレーニングジムを開業しよう!

☆ 金融機関から高い評価の事業計画書を作成します
☆ 金融機関には経験豊富な弊社のコンサルタントが同伴にて交渉します
☆ ホームページ制作、連携WEBクレジット決済システム、会員管理システムを選定導入
☆ 優れた内装施工を行ないます
☆ 開業に必要な全てのインフラをセレクトして導入します
☆ 開業前 開業後の営業戦略も安心のサポートを行います

 

 

AIジム開業の相談はこちら

 

AIジム開業の相談はこちら

 

 

 

JSI日本筋力トレーニング総合研究所の
ジムフランチャイズを紹介

筋肉博士である石井直方先生の理論を土台
としたフランチャイズジム

4つのコンセプトとなります

【ドクターマッスルレジェンドジム 
パーソナルスタイル】

パーソナルトレーニング張力維持
スロー法を基本軸としたパーソナル
トレーニングを実践します。

日本筋力トレーニング総合研究所の
所定のトレーナー育成カリキュラムを
受講し、認定を受ける必要があります。

【ドクターマッスルレジェンドジム24H】
アクティブな老若男女

ITソリューションを活用したトレーニング
管理及び世界最先端のトレーニング機器を導入

店舗責任者及びトレーナーは日本筋力トレーニング
総合研究所の所定のトレーナー育成カリキュラムを
受講し認定を受ける必要があります。

【ライブラリフィットネス&スポーツ24H】
アクティブな老若男女

張力維持スロー法を基本軸とした24時間ジム。

トレーニング機器はご予算により導入機器を選定。

店舗責任者及びトレーナーは日本筋力トレーニング
総合研究所の

所定のトレーナー育成カリキュラムを受講し認定を
受ける必要があります。

【スロトレ健康俱楽部】女性、初心者、低体力者向け

女性専門と男女を区分して利用する時短トレーニングジム。


詳しくはこちら

 

金融機関への提出用事業計画から
金融機関への

同伴による融資交渉をしっかりサポート!!

予算に応じた地域1番店を意識したトレー
ニング機器の選定

WEB検索上位戦略による高集客戦略

会員管理システム、セキュリティ、
ホームページ制作、

WEB入会システム、内装プラン設計等

すべてをワンストップ

で行うからコストパフォーマンスの高い
サポートを実現しています。


詳しくはこちら

 

 

資金の調達方法について

開業資金と運転資金が自己資金で
準備できるのであれば問題ないですが、

資金が足りない場合は借入金を利用
することになります。

借入先としては一般的に公庫、
信用金庫や地方銀行などの民間
金融機関が挙げられますが、

実績がほとんどないので必然的に
審査は厳しくなります。

当社は金融間から高い評価を頂いて
いる事業計画立案、

同伴による交渉などで90%以上の
成立実績を持っています。

 

フィットネスクラブの開業を検討されている方は、フィットネス経営コンサルティングを行っているワイルド・ライフ・コーポレーションをご利用ください。フィットネスクラブの新規起業から開業サポート、教育や研修サービスなど企業価値を高めるサポートをいたします。
他にもIT介護予防マシンの導入やアジア進出コンサルティングなどフィットネス経営コンサルティングを通して地方創生を図り、地域活性化にも取り組んでいます。フィットネスビジネスは所得税や相続税対策といった節税効果も見込めますので、フィットネス経営コンサルティングが必要な際はぜひご利用ください。

関連記事

カテゴリー