ジム開業 事業計画書の作成のポイント

ジムを開業するには ニュース

ジム開業

【ジムを開業するには】事業計画立案

どんなジムをつくりたいか | ジムを経営・開業するには

あなたはどんなおもいで、どのようなジムを作っていきたいかを整理して見てください。
①施設はどのような用途を配置するのか。筋トレエリア、有酸素エリア、カフェエリア、セミナー茶話会エリア、ゴルフレンジ、その他運動施設、バリアフリーエリア、トイレ、シャワー、サウナ、更衣室、パウダールーム、スタジオなどんな施設にどのようなアイテムを取り入れるのかを整理してみてください。
②施設規模はどれくらいを想定するのか。初期投資予算、②で確認した、施設内アイテムにより、施設規模を定めていきます。

どんな人を対象にするか | ジムを経営・開業するには

どんな人々にジムに来てほしいのかを想像してみてください。
①性別、年齢等のメインとなる対象者は、どんな人に何を提供していかたいのか。
②出店地が決まっている場合は、年齢性別属性人口を調べてその地域のもっとも多い層を調べてから対象者を明確して事業計画を立てる事も良いでしょう。

対象とする人々がいるエリア | ジムを経営・開業するに

対象となるような人々がいるエリアを商圏調査して、ターゲットエリアを見定めて物件を探す方法と、有料物件がある場合は、その周辺の人口属性を調べて出店するかを見極めていきましょう。

競合ジムの状況   | ジムを経営・開業するには

商圏2km圏内のジムやヨガ、ピラティスなどの状況を調査してみてください。競合となる店舗がどれくらいあるのかにより出店の可否を見極めなければなりません。また、価格面、ブログラムなど当事業のストロングポイントがどれくらい明確にあるのかなど、比較しながら出店の可否を検討しましょう。

事業投資額の算定  | ジムを経営・開業するには

内装費用、トレーニング機器、営業販促インフラ、会員管理システム、決済システムなどの必要商材のおおよその費用を算出してみてください。
その上で、資金調達の方法や調達の目処が立てられるのかなどの検討が必要となります。

施設面積の確定  | ジムを経営・開業するには

事業資金を踏まえて施設面積の妥当性と事業の実効性を見極めてください。
施設の規模が多くなる分、内装工事費用、家賃、トレーニング機器など購入費用も増えますので、事業予算を踏まえて想定施設面積も明確にしておく必要があるでしょう。

施設構成  | ジムを経営・開業するには

具体な施設概要(シャワー、トイレ、ロッカー、トレーニングルーム、水素水素、ウォータークーラー、マッサージ機器など)を明確にしてみてください。
お客様の入金動機を高める為や入会されたお客様が施設を充実して利用頂く為にも施設構成は、充分に検討しておく必要があります。

ジム開業
事業計画書が金融機関交渉や物件交渉その他のステークホルダーの協力には必須です。

ジム開業

関連記事

カテゴリー