【ピラティスリフォーマー販売】 ¥150,000より販売します

ニュース ブログ

ピラティスリフォーマー販売 ¥150,000より販売

ご購入のご相談はこちら

 

 

 

 

開業ステップ

(1)開業のステップ

ピラティススタジオ開業に向けてのステップは、主として以下のとおり。

開業のステップ

(2)必要な手続き

ピラティススタジオの開業に際しては、主に以下に掲載する関連法規が存在し、それぞれを管轄する機関に届出が必要となる。

  1. 消防法(所轄の消防署)
  2. 建築基準法(各自治体)
  3. 都市計画法(各自治体)
  4. 公衆浴場法(保健所)
  5. 食品衛生法(保健所)

ピラティススタジオ開業の際のインストラクターには資格保有の義務付けはないが、厚生労働省では「健康運動指導士」や「健康運動実践者」、「ヘルスケアトレーナー」、文部科学省では「スポーツプログラマー」といった資格が推進されており、施設の利用者の安全性を高めようとする動きがある。

ピラティススタジオ開業の際のらメニューづくり

利用者に対する個別のメニューを作成する必要がある。もっともピラティスプログラムを進めていく中で必要なメニューを追加していけばよく、会員の年齢、時間帯、曜日に応じてスケジュールを組みやすい業態である。

ピラティススタジオ開業の際の必要なスキル

経営者や主要スタッフは、資格の保有は義務付けられていないが、提供するピラティスの知識を習得し経験を積むことが必要である。各種トレーナーをはじめ提供を予定するサービスメニューに合ったスキルを有する人材を雇用、または提携することでサービスを提供する体制を整えることも求められる。

ピラティス開業資金と損益モデル

(1)開業資金

賃貸で開業することを前提として、必要な資金例を記載する。

必要資金例の表

(2)損益モデル

a.売上計画

売上は、月会費×会員数が基本となる。これ以外に、入会金、ビジター利用料や物品の販売収入、有料のプログラムや付加サービス収入が加わる。

ここでは、月会費のみで、イメージ例を示す。

売上計画例の表

b.損益イメージ(参考イメージ)

上記、売上計画に記載の売上高に対する売上総利益および営業利益の割合(標準財務比率(※))を元に、損益のイメージ例を示す。

損益のイメージ例の表

※標準財務比率は他に分類されない専門サービス業に分類される企業のうち、黒字企業の財務データを元に集計。出典は、東京商工リサーチ「TSR中小企業経営指標」。

c.収益化の視点

売上高粗利益率が29.9%と非常に高い水準であるが、営業利益率は5.4%となっていることから、サービス業における典型的な労働集約型の必要な業態である。

したがって、損益計画を立てる際は、家賃、水道光熱費など固定費を上回るために必要な会員数を把握し、その確保に努めることが必要である。

月会費の定期的な入金があるため、運転資金需要は基本的に発生しない。ただし、ピラティス関連用品の物販などを行う場合は、在庫手当資金が発生する可能性もある。また、入会金収入は初期投資の回収原資として有効であるが、新規会員の獲得推進や他の施設との競争のため無料とせざるを得ないケースも多い。このため、提供を予定するサービスの専門性や特徴のほか、手持ちの資金状況も考えたうえで、入会金を無料とするかどうかは検討する必要がある。

主な経費支出としては、人件費などのほか、施設の維持費が挙げられる。家賃経費の他に大きな支出はなく、参入しやすい反面、顧客の確保が必要であり、退会させないための施策が必要である。

※開業資金、売上計画、損益イメージの数値は、出店状況等により異なります。

【注釈】本レポートは、一般的な内容のものであるため、開業を検討される際には弊社へご相談ください。

ピラティススタジオ開業のご相談はこちら

お問合せはこちら

ピラティススタジオ の開業 ジム開業専門商社  – ピラティススタジオ開業サポート –

美しい人は皆やっている!K-POP女性アイドルが夢中なる『ピラティス』
イボミ選手などプロゴルファーのパフォーマンス向上にも『ピラティスを実践』!!

健康づくり、美容づくり、スポーツパフォーマンス向上などにピラティスを取り入れている人々が世界中で広がっている。ピラティスの世界市場規模は、約1兆円で1200万人の愛好者がいるとも言われています。今では世界中のセレブやアスリートがピラティスを行うことで、多くの人に知られるようになってきました。

現在、ピラティスを行なっているトレーナーの皆様!
これからピラティススタジオ事業を行なっていきたいと考えている皆様!
ピタティススタジオ開業 無料相談できる弊社へお気軽にご連絡ください。
【ピラティススタジオ サポート内容】
①ピラティススタジオ 事業資金調達  – ピラティススタジオ開業サポート –
②ピラティススタジオ 事業計画立案   – ピラティススタジオ開業サポート –
③ピラティススタジオ 金融機関交渉同伴サポート   – ピラティススタジオ開業サポート –
④ピラティスリフォーマーの特別価格でのご提供    – ピラティススタジオ開業サポート –
⑤ピラティストレーナーの育成     – ピラティススタジオ開業サポート –

お問合せはこちら

 

 

まずは、お問合せください。

トレーニング機器購入はこちらから

お問合せ ご相談はこちら

資金調達をサポート 詳しくはこちら

ピラティスジスタジオ ピラティスジム開業ならジム開業専門商社の当社がサポートします。『あなたの想いをカタチにする』オリジナルフィットネスジム、フィットネススタジオ、スポーツジムの新規開業、リニューアル開業の総合コンサルティング及び開業に必要なすべての機材、インフラを提供しています。さらに開業・リニューアル資金についても金融機関から高い評価のある事業計画を立案し、金融機関に同行して円滑な資金調達のサポートを行います。

ピラティススタジオ・新規開業商材の専門商社であるワイルド・ライフ・コーポレーションのへお気軽にご相談ください。初回相談料は無料です。

関連記事

カテゴリー