ジム開業の資金繰りならならジム開業専門商社WLC

ブログ

ジム開業の資金繰りならジム開業専門商社のWLC

ジム開業に向けた資金調達手法

ジム開業を進めるためには、原資となる事業資金が必要となります。
自ら蓄えた預貯金等の『自己資金』、金融機関からの『借入金』のほかにも、『出資』を利用したり、『補助金』や『助成金』を利用して資金調達を行う場合があります。
多くの場合は、複数の資金調達手法を組み合わせて必要な資金総額を集めることになりますが、
ここではそれぞれの資金調達手法のポイントについて、簡単に解説します。

ジム開業に向けた資金調達手法1
自己資金

自己資金を利用するメリットは、他の調達手法に比べて、返済が不要であり、利用上の制約が少ない点が上げられます。
自分の資金なので当然ですが、ジム開業当初は特に経営が安定していないため、返済が不要という点は、非常に大きなメリットです。
また、自己資金がどれくらい準備できているかどうかが、ジム開業に必要なその他の資金調達手法に関連してくる場合があります。融資を利用する場合は、自己資金の金額に応じて融資上限が定められているものもあります。
実際にジム開業に使うかどうかは別として、それなりの自己資金が準備できるに越したことはありません。特にデメリットもないので、まずは自己資金を中心に検討していくのが良いと思います。

ジム開業に向けた資金調達手法2
金融機関借入

自己資金と同様、多くのジム開業のケースで、金融機関借入が利用されます。金融機関借入を利用するメリットは、他の手法と比べ、比較的利用しやすく、新規開業資金限定の有利な制度なども整備されている点が上げられます。
金融機関は借入以外にも、日々の決済で利用することになります。ジム開業後に改めて資金繰り面でのサポーターとして開業時からお付き合いを行い、身近な相談役として、金融機関とコミュニケーションを取っておくべきでしょう。
借入については、当然に「審査」があります。金融機関の基準を満たしていなければ、融資を受けることはできません。また、自己資金と異なり、利息を含め毎月の返済が必要となりますが元金据え置き交渉など多くの実務経験から当社がサポートいたします。

ジム開業に向けた資金調達手法3
出資

ベンチャーキャピタルや個人投資家から出資を受ける方法が主流でしたが、最近はクラウドファンディングといった新しい出資方法も利用されるようになりました。
金融機関を使いたくない事情などがある場合や多額の資金を集めたい場合などに使われます。金融機関借入と異なり、自己資金の要件などもありません。条件は個別に調整することとなります。
開業に際して出資を受けるためには、しっかりとしたプランや事業計画が必要になります。出資者側としては「投資」になりますので、当然に出資者側のメリットも考える必要があります。信頼に足る事業計画を当社がサポートします。

ジム開業に向けた資金調達手法4
補助金・助成金

不定期の公募ですが、開業資金に関する補助金・助成金が募集される場合があります。
コロナ禍においては、事業再構築補助金を活用して新分野展開、業態転換、業種転換、事業再編等のおもいきった事業再構築としてフィットネスジム事業への参入も増えています。
補助金・助成金には、あくまでも「交付の目的」があり、その目的に沿った事業でないと利用することができません。また、利用に当たって、募集要領に則った審査が行われます。
審査の手続きなどで時間も掛かりますし、基本的に補助金・助成金は「後払い」となります。いずれにしろ当面のジム開業資金として自己資金や借入金などの準備が必要です。
利用には手間も時間も掛かりますが、自身の事業に合う制度があれば、ジム開業資金調達手段として検討するのも良いでしょう。
いずれにしても説得力のある事業計画が必要となります。説得力のある事業計画を当社が作成いたします。

ジム開業に向けた資金調達手法5
親戚・友人知人から借りる

「親戚・友人知人から借りる」方法で資金調達する場合があります。
いざというときは、自身のネットワークが力になるという訳です。
「あなたの人柄」や「ジム開業に至った経緯」を、他者に説明することは容易ではありません。借入申込の際に、あなたの人柄や事業の将来性、資金の必要性を訴えても、短期間では十分に伝えきれない場合もあります。
親戚・友人知人であれば、あなたのことを十分に知っていますので、事業が資金を拠出するに値すると判断してもらえれば、協力してくれることもあるでしょう。
ただし、後でトラブルになる場合もありますので、調達の際には、しっかりと書面に残し、お互いに内容を確認しておくのが良いでしょう。「親しき仲にも礼儀あり」です。
特に新規ジム事業が軌道に乗り、儲かってきた場合は、何かと口を出してくるものです。自身を守るためにも、契約内容をしっかり残しておきましょう。

新規ジム資金調達の前提

ジム開業の資金調達を考えた場合、「どれくらい調達できるのか」を第一に考えてしまいがちですが、あくまで事業の規模やコンセプト(AIフィットネス、24Hフィットネス、アスリート型ジム、女性専用型ジム)があり、それに応じて資金を調達するというのが原則です。
特に借入や出資など、他者の資金を当てにする場合は、「どのような規模・コンセプトのジム事業を行うのか」、「その新規ジム事業のためにどれくらいの資金が必要なのか」を明確にする必要があります。
資金があって事業があるのではなく、事業があって必要な資金がある訳です。このあたりの感覚がないと、「まずどれくらい借りられるのか」に関心が向かい、それによって事業を考えようという発想になってしまいます。事業計画がありそれに必要な資金計画を検討することが望ましいでしょう。

 

詳しいご相談は(株)ワイルド・ライフ・コーポレーション

 

Wild  Life Corporation

ご相談はこちらからお問合せください

新規起業から中小企業様までの金融機関交渉サポートから融資を成功させます

① 新規での起業から1年未満でも金融機関からの資金調達は可能です。但し、自己資金は最低でも300万以上は必要です。
自己資金の額により借入額の上限はございますが、事業計画書の実現制により、借入額はセオリー通りではなく高くも低くもなります。

②当社は、金融機関の実務交渉を長年に渡り行って参りました。その経験からスピード感ある交渉成立を目指し、資金調達いたします。

③メガバンクから地場の信用金庫や地方銀行に至るまで交渉実務から練り上げられた事業計画書を作成し金融機関交渉にクライアント様と同伴で交渉にのぞみます。

④事業計画書は、以下の内容を網羅して完璧なものを金融機関に提出します
⭐︎イニシャルコスト予算
⭐︎資金調達方法の内訳
⭐︎要資と調達の内訳
⭐︎商品構成・単価
⭐︎競合分析・市場調査表
⭐︎10年間の入会・退会・在籍推移・会費外収益項目・損益分岐会員数
⭐︎市場分析による集客可能会員数とエビデンス
⭐︎実務経験からの精度の高い諸経費計上
⭐︎原価償却費計上
⭐︎金融機関借入返済計画
⭐︎年次キャッシュフロー
etc .

⑤金融機関とのスケジュール調整などは全て当社が行います.全国どこの金融機関との交渉も行います。

⑥国の補助金申請(事業転換補助金など)においても事業計画書の精度が問われます。

⑦事業推進にはアクセルとブレーキが必要です。『アクセル計画』と『ブレーキ計画』の両方が事業推進には必要ですが、
ほぼ『アクセル計画』のみで事業を行う方がほとんとです。
事業は上手くいく場合もあれば、上手くいかない場合もあります。上手くいかない場合の施作、ブレーキ計画も事業には必要になります。

ジム開業資金
血の通った魂の入った事業計画を策定いたします 
サステナブルなあなたの事業の為に尽くしてまいります

 

こちらから お問合せください

ジム開業資金

はじめてのトレーニングジム開業サポート

ジム開業資金

あなたの想いをカタチにします。
金融機関への提出用事業計画から金融機関へのクライアント様と同伴による融資交渉をしっかりサポート!!
予算に応じた地域1番店を意識したトレーニング機器の選定
WEB検索上位戦略による高集客戦略
会員管理システム、セキュリティ、ホームページ制作、WEB入会システム、内装プラン設計等すべてをワンストップで行うからコストパフォーマンスの高いサポートを実現しています。

 

資金の調達方法について

開業資金と運転資金が自己資金で準備できるのであれば問題ないですが、資金が足りない場合は借入金を利用することになります。借入先としては一般的に信用金庫や地方銀行などの民間金融機関が挙げられますが、実績がほとんどないので必然的に審査は厳しくなります。

当社は金融間から高い評価を頂いている事業計画立案、同伴による交渉などで80%以上の成立実績を持っています。

お問合せ ご相談はこちら

トレーニング機器購入はこちらから

フィットネスクラブの開業を検討されている方は、フィットネス経営コンサルティングを行っているワイルド・ライフ・コーポレーションをご利用ください。フィットネスクラブの新規起業から開業サポート、教育や研修サービスなど企業価値を高めるサポートをいたします。
他にもIT介護予防マシンの導入やアジア進出コンサルティングなどフィットネス経営コンサルティングを通して地方創生を図り、地域活性化にも取り組んでいます。フィットネスビジネスは所得税や相続税対策といった節税効果も見込めますので、フィットネス経営コンサルティングが必要な際はぜひご利用ください。

関連記事

カテゴリー